やさしい嘘


あ、ありがとう、マーたん。
放置してた仕事カバンに自ら入り込んで
お母さんのために・・・涙




うん、分かってたよ。



いやいや、もういいから。